カレンダー
28293031

お茶について

おいしいお茶の入れ方
美味しい冷たい緑茶の作り方
水出し煎茶
簡単! 水出し緑茶の作り方
ヘルシオお茶プレッソ
お茶トースト
脱臭香り茶足
お茶の香まくら
鰹茶漬け


おいしいお茶の入れ方

当店販売のお茶を最もおいしく召し上がっていただくために、お茶の入れ方のちょっとしたコツを教えます。

1.湯のみへ良く沸いたお湯を8分目位に注ぎます

★ポイント・・・使用する水
☆水道水を使う時は一度十分沸騰させて塩素(カルキ)を抜く方が良いです。
☆浄水器を通してからのお水は、比較的塩素が抜けているので安心です。



2.煎茶を大さじ山盛り一杯位を急須に入れます

★ポイント・・・使用する急須
☆深蒸し茶用の急須が一番良い。深蒸し茶は茶葉が細かいため、普通のお茶用の急須ですと茶葉がたくさん流れ出してしまいます。

★ポイント・・・使用するお茶の量
☆1人2g位が目安、5人分ですと大さじ山盛り2杯位を目安にして下さい。
☆お茶は少ないと出が悪いので、少し多めに入れる方が良く出ます。


3.最初に注いでおいた湯のみのお湯を全部急須に注ぎます

★ポイント・・・注ぐ前にお湯の温度に注意
☆1.で注いだ湯のみのお湯が65~75度程度になるまで待って下さい、時間的な目安は5~6分位です。
☆注ぐお湯が熱いとカテキンがたくさん溶けだすので渋いお茶になります。高級茶は65度位が良いです。


4.少しずつ均等になるように急須のお茶を注ぎわけます

★ポイント・・・均等になるように注ぐ
☆当店のお茶は深蒸し(ふかむし)と言う製法ですので、湯のみから入れて直ぐに注ぎ分けられます。お湯を注いでから長い時間をかけず、直ぐに注ぎ入れて下さい。
☆注ぐ時は湯のみの1/4位ずつ注ぎましょう。イラストには6回になってますが、この倍くらいの回数が良いです。
☆注ぎ分ける時、はじめは薄く感じられますが、徐々に濃くなっていき、全ての湯のみにつぎ分ける頃には、濃すぎる位になっています。

★ポイント・・・全て注ぎ切る
☆注ぎきってしまうことにより、急須の茶葉が開ききらずに、2回目・3回目も使えます。


さあ、これであなたも「本当に美味しいお茶」が召し上がれます、心ゆくまで自然のエキスを堪能して下さい。

※当店のお茶は深い緑色をしておりますが、濃くても苦くありません。湯のみの底に粉が残りますが、嫌いでなければ湯のみを揺らして飲んでしまいましょう、より茶葉のエキスが得られます。

おすすめ商品

○ティーパック緑茶

ティーパック緑茶
5g×22パック入×10袋+1袋
手軽に冷たい緑茶が飲みたかったらこれをどうぞ
1ℓ用
詳しく見る5,000 (税込)

○2018深むし茶

2018深むし茶
200g入×5袋+100g
緑が鮮やかで、渋みを抑えたまろやかなコクと甘みが特徴です。家庭での飲み茶にぜひどうぞ。
詳しく見る5,000 (税込)

○剛太のほうじ茶

剛太のほうじ茶
3g×20パック入
=新商品=
剛太のほうじ茶がティーパックになりました。
ひも付き1カップ用
詳しく見る500 (税込)

○特撰こだわり茶

特撰こだわり茶
100g入
指定の畑(義晴畑)早摘みしたもの甘みがあるお奨めの品
詳しく見る1,200 (税込)

○特上かぶせ茶

特上かぶせ茶
50g入×5袋
=予約・新商品= お茶挽き用茶葉 つゆひかり品種
緑が濃く、旨みを感じるお茶です。
詳しく見る2,300 (税込)
おすすめ商品


ページトップ
○ショッピングガイド
ご注文方法
商品のお届け
お支払方法
商品Q&A
送料について
○マルタケ製茶
会社概要
特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー
マップ
○困ったときは
よくあるご質問
お問合せ
サイトマップ
ご利用ガイド
○コンテンツ
おいしいお茶の入れ方
美味しい冷たい緑茶の作り方
お茶の香まくら
ヘルシオお茶プレッソ